2016年10月28日金曜日

黒い砂漠 バレンシアレベル2の各狩場での補助武器の比較動画【クツム、ヌーベル、命中補助武器】

各狩場で最も強いモンスターをベンチマークモンスターとして、そのモンスターに各補助武器で1コンボでどういう結果が生まれるのか?を実験してみました^^

ベンチマークモンスターの敵対値を確保しないとHPが初期化したりしてやりにくかったので、離れて敵対値を初期化したり、周りの柔らかいモンスターのみを倒したりしましたけど、比較はあくまでベンチマークモンスターのみで見ましたよ^^

比較はやはり攻撃力が全体的に足りてはいませんので、ぼくの環境内の結果だという感じかなと思います^^ これが絶対だとは言えませんね^^

それではスタートします^^


◇ ルード硫黄作業場 : 溶岩族トゥカ



バレンシアレベル2の狩場で最も柔らかめなルード硫黄作業場では、ぼくの体感では「真2クツムの補助武器」、「真4ヌーベル補助武器」、「真2命中補助武器(ベンガッツシールド)」での違いはごくわずかか、全く気付かないレベルかなと思いましたよ^^

もう少しわかりやすいメリハリのある違いが生まれれば何か言えるのかもしれませんけど、ぼくの環境では違いは分かりずらかったと思います^^

なかなか予想外な結果ですね^^クツムがいいかと思っていました^^

でも実際には違いはあまりないか、攻撃力の順で言うのであれば、ヌーベル>ベンガッツ>クツムの順かなと僅差ではありますけどそんな感じだと思いましたね^^

もはやヌーベル・ベンガッツ・クツムは同等だと言ってもいいと感じています^^

思うに、ヌーベルとクツムはベグを装備していること前提で開発されていると感じますので、ベグを装備すれば違いがあるか、もしくはベンガッツよりも良くなるのか、あるいはやはり僅差なのか?わかりませんね^^

あとはヌーベルだけが真4だったのですけど、真4だからと言って頭一つとびぬけていい、という感じはありませんね^^真2または真3で全く十分かなと思います^^
あるいは検証の前提が違っているからかもしれませんね^^

ぼくの環境ではそんな印象を受けましたよ^^

一つ感じたのが、クツムの時には抵抗無視が効きすぎてモンスターがスライドしすぎて攻撃範囲から出ていたのではないかな?ということですね^^ノックバックとノックダウンが決まるとかなり遠くまでモンスターは吹っ飛びますけど、素早く倒すのであれば、接近していてくれないとやりにくいので、セイクリッドエンスラーもそう使えないですね^^
クツムの性能が低いのではなくてスキルの射程の問題もあるのかもしれませんね^^


◇ フィラ・ク監獄 : 鉄の拳の看守 



フィラ・ク監獄でも比較してみましたよ^^

これまた違いは極僅差かなと思いますね^^ しいて言えば、ベンガッツ>クツム>ヌーベルかなと思いました^^

これもやはり、ベグ前提なところがあるのかなとも思いますので、ベグを装備すれば、または赤珊瑚イヤリングを付ければ、結果は変わる可能性があると思います^^

このベンチマークモンスターはその場で硬直と気絶はしますけど、ノックダウンはたしかしませんので、クツムの特徴が死なない相手かなと思いました^^常に接近できているという感じですね^^

それにしましても、抵抗無視20%はいらないのかもしれませんね^^VKの場合はです

ノックダウンが出るのはいいのですけど、攻撃範囲からも出てしまうという何とも使い勝手が悪い気がしますね^^バウンドならその場でただダウンするからいいのですけどね^^

ノックバックしないモンスターとするモンスター、ノックダウンしないモンスターとするモンスターが一緒のグループだと、ノックバックなどをした方は遠くに行ってしまい、しない方が壁のように立ちふさがって離れているモンスターにダメージが当たらないという流れがあると思いました^^


◇ ケンタウロス : ケンタウロス斧戦士



ケンタウロスでは、しいて言えばヌーベル>>ベンガッツ>>クツムの順で良かったかなと思いますね^^しかしやはり僅差です^^どれも1コンボ内で倒し切れるので違いはないと言っていいと思っています^^

ケンタウロス自体が抵抗無視系が効きませんのでクツムはあまり芳しくないと思いますね^^

ヌーベルが他のと比べると結構いい感じに攻撃力が伸びているかなという印象ですね^^

回避と防御が上がるベンガッツもケンタウロスの高い攻撃力を防ぐためにいいかなと思いますね^^

攻撃力の高い相手にはやはり回避と防御がちゃんと効くと思いますね^^

ヌーベルのダメージが大きいのは、ケンタウロスの防御力が低いからかもしれません。そんな気がしました^^


◇アクマン寺院 : アクマンエリート守護者



それでは大本命のアクマンエリート守護者です^^ここでは守護の錬金石の回避も確認しています^^

初撃から倒すまでにかかった時間は(2回分)

・ヌーベル 1分57秒・1分19秒
・クツム 1分47秒・1分35秒
・ベンガッツ 1分42秒・1分56秒 

でした^^やはり、一般武器の攻撃力をあげたいですね^^

その他の狩場の傾向と大体似た感じで、各補助武器に違いはそうあるとは思いませんでしたよ^^

しいて言うのであれば、クツムはほかのに比べて浮かせたりダウンさせたりしやすいので楽しいですね^^ダウンさせてそこにダウンアタックのスキルをつなげる、とか考えながらやると楽しいと思いました^^

ヌーベルは防御力が無いのでダメージを受けやすい印象ではありますけど、モンスターの動きに慣れればそれも解消されると思いますね^^途中から守護の錬金石を外して確認しましたけど、なくても問題ないと感じました^^

一番安心なのは防御と回避と命中で安定のベンガッツかなという印象ですね^^


アクマン寺院では攻撃時にスーパーアーマーになるモンスターがいるところや、モンスター数が多くてかつ固いのとで、周りのモンスターのHPが初期化しやすいのが難しいところですね^^

それと守護の錬金石はそう効果を実感できませんでしたので、なくてもいいかなといった印象でしたよ^^

以上で終わります^^


感想


ぼくの環境では各補助武器に違いは全くありませんでした^^

クツムに関していえば、武器の抵抗無視を外してMP水晶にできそうなのでそれもありかもしれませんね^^しかしそれだけかなと思いました^^

いろいろ試せてよかったと思いますけど、結果に違いが無いのであまり感想は無いですね^^もっと違いがあるのかと思っていましたよ^^

真4であるヌーベルシールドが他の真2とそん色がないというのが何とも言えない感じがしました^^少し残念ではありますね^^

となれば、その他の部位の真4もそう違いは薄いのかもしれませんね^^真3で十分だったりするかもしれません^^

そういえば、ワールドボスでは真4の防具の効果を実感していますね^^全身真2グルニル(回避+0)の時にはカランダで良く死んでいたのですけど、全身真3(回避+0)にしたら
死ぬことがあまりなくなった記憶がありますね^^今は半分真4で回避も+5なのでカランダでは普通は死なないのかな?とも感じますね^^

クツムでは吸い込みで普通に死にましたけどね^^即死技は逃げないと死ぬようにできているとは思います^^

話を戻すと、補助武器に関してはどれでも好きなのを一つ選べばそれで足りるのだと思いました^^(ぼくの環境では^^)

補助武器をどれにするのか悩む必要はなくて、単純にアクセサリーなどで攻撃力をあげる方がいいかなと思いました^^

結論は・・・「補助武器の違いは極僅差でした。」

こういう装備というのは、PvEでは(攻撃力などが)揃えられているのかもしれませんね^^そんな気がしました^^

PvPでは違いがあるのかもしれないですね^^

ぼくはここで力尽きましたよ^^


追記(2016.10.29)ここから~~~~~~~~~~~

こちらのページで、

ちもろぐ様:メイン武器と覚醒武器の攻撃力、ダメージへの影響が大きいのはどちらか【黒い砂漠】

覚醒武器に補助武器の攻撃は乗るのか?

という問いに対して、完全に乗らない、と答えていらっしゃる方がいらっしゃいますけど、ぼくもそうかもしれないと思いました^^

完全に乗らないかどうかまではわかりませんけど、ぼくの体感では乗っていないんじゃないか??と思いましたね^^どれも違いがわかりませんでしたので^^

また、こちらの方は防御も乗らないと書かれていますけど、ぼくの体感ではちょっとよくわかりませんでしたよ^^

ぼくは防御の観点からは試していなかったので今度気が向いたらやってみようかなと思います^^ベンガッツだけは防御面での効果を実感していましたので、もしかしたらそれはベンガッツの効果の回避だったのかもしれませんね^^

補助武器の水晶は付け替えた感じでは効果を実感できたかなとは思っていますね^^

覚醒スキルに補助武器はなんでもいいのかもしれませんね^^となればクツムが新規に実装された意味があるのかないのか??・・・^^

ぼくの体感では、クツムでアクマンのモンスター相手だと、抵抗無視がよく効いていると感じましたので、たぶんそういうことだろうと感じています^^

つまり、特有の効果水晶は覚醒スキルにちゃんと乗るのだろうと思いますね^^なんとなくではありますけどね^^でもそうしないと本当に値段とボス武器との意味が根底からなくなってしまいますので、何かしら違いがあってほしいと願っている感じです^^

特有の効果はつまり水晶1個が初めからついているイメージですね^^3スロット水晶の一つが初めから埋まっているイメージですね^^

追記後に改めてそういう視点で上に書いた文章を見ると、確かに単純にその個々の狩場で必要な効果が、補助武器の優劣になっていたかなと今客観的に見て思いましたよ^^

つまり、覚醒スキルの場合には単純に水晶が余分に1個ついているだけというのが補助武器の特徴で、 (その水晶1個分の)欲しい効果が付いている補助武器を選べばいいだけということかなと、納得しましたよ^^

なので特徴を述べますと・・・(ぼくの個人的な解釈Ver)

〇ヌーベル補助武器:すべての抵抗10%

抵抗無視が効かないワールドリーダーや召喚リーダー系の時に、攻撃に状態異常が乗る攻撃をしてくる相手用

〇クツム補助武器:抵抗無視10%

抵抗無視が効く一般またはエリートモンスター、ネームドモンスター、ヌーベルを装備した相手とのPvP(も?)

〇命中補助武器:命中+7、回避+2、ダメージ減少+2、全特殊攻撃追加ダメージ10%増加

オールマイティータイプ


三日月守護者と戦うときにはぼくはノックダウン耐性をアゲアゲにするのですけど、ヌーベル補助武器がその時は有効だということですね^^

それと同時に、抵抗無視をアゲアゲにして、相手よりも素早く状態異常状態にすれば相手は行動不能になりますので、その内に倒しきれるという方法がありますけど、その場合には抵抗無視が効きやすい相手を選ぶという感じかなと思います^^

三日月守護者の場合ですと、硬直や気絶はしたかなとは思いますけど、ダウン系はしなかったような記憶がありますので、硬直や気絶が自分の職のスキルについていてなおかつそれを絶やさないようにするとうまくいくということですね^^

はたしてそれがうまくいくのかは疑問ではあります^^

クツムの存在意義は、アクマン寺院、バシム族、ルードなど、ごく一部の抵抗無視系が効きまくる相手用の装備なのかな?という印象を持ちます

逆に、抵抗無視が効かないケンタウロス、ダウンしない(?)バジリスクなどでノックバックされると嫌な相手用にはヌーベルでいいのかもしれないと思いますね^^

つまり、ぼくの中での結論で言うと、用途によっても違うとは思いますけど、ヌーベルの下位バージョンがクツムかなという印象を持ちました^^

今ヌーベルを持っている方はそのままでいいんじゃないかなと思いますね^^




関連

まとめ: 黒い砂漠 バレンシアレベル2の狩場に向けて ~考え方編~


黒い砂漠 Level 2バレンシア地域の狩場に向けて、装備更新のための考察 その1
黒い砂漠 Level 2バレンシア地域の狩場に向けて、装備更新のための考察 その2
黒い砂漠 Level 2バレンシア地域の狩場に向けて、装備更新のための考察 その3
黒い砂漠 Level 2バレンシア地域の狩場に向けて、装備更新のための考察 その4
黒い砂漠 すばらしいVKのガイダンス動画を見つけましたよ^^!!
黒い砂漠 アクマン寺院に行きましたよ^^
黒い砂漠 アクマン寺院でドットデバフでの狩りをしました^^改良型羅針盤の欠片についても
黒い砂漠 覚醒ウィッチの動画がありました^^方向転換も
黒い砂漠 ダメージが出にくいのはやはり一般武器でしょうか??^^
黒い砂漠 バレンシアレベル2の各狩場での補助武器の比較動【クツム、ヌーベル、命中補助武器】